top of page

「SIM-SHIP1 mk2」建造発表 – 革新技術で海運業界の未来へ舵を切る

 一般社団法人内航ミライ研究会(本社:愛媛県今治市天保山町2-1-12/代表理事:浦山秀大)は、2024年1月5日に、次世代貨物船「SIM-SHIP1 mk2」の建造を発表しました。この発表は、バリシップ2023で実船展示された「SIM-SHIP1 mk1」(2023年5月の名称SIM-SHIP、本発表と同時にSIM-SHIP1 mk1(しむしっぷわん まーくわん)に改称)に続く、革新的なプロジェクトの第二段階です。

 「SIM-SHIP1 mk2」は、499総トンのコンテナ船で省エネルギーとCO2排出量の削減に重点を置いており、以下の特徴を持ちます:

 

1.高度空気潤滑システム(ALS)“ZERO”:ブロワーから供給される空気を船底より吹き出し、船体表面に気泡流を形成。これにより船体と海水間の摩擦抵抗を低減し、推進馬力を削減します。各喫水平均で約8.0%の省エネを実現予定。

 

2.統合設計:ALSを搭載することで、推進装置や省エネ付加物への影響を考慮し、全体のバランスを考慮しつつ設計。RLプロペラによって翼根部の旋回流が強まり、それを回収して推進力に変えるウイングバルブを採用。これにより、約7%の省エネを実現予定。

 

3.陸電利用・機器電源MIRAI-BATTERY:リチウムイオンバッテリーモジュール、制御・監視装備(BMU等)をコンテナに搭載し、暴露甲板部に設置。総容量約300kWhのバッテリーは、陸上電源または船内余剰電力を使用して充電し、航海中のALSや停泊時の船内負荷に給電。バッテリーシステムの状況は陸上サポートシステムと連携し、陸上と乗組員への情報提供が可能。

 

「SIM-SHIP1 mk2」は、内航海運業界における持続可能な未来を目指す、実用的かつ革新的な技術の結晶です。

 


社名: 一般社団法人内航ミライ研究会

所在地: 愛媛県今治市天保山町2-1-12

連絡先:専務理事 曽我部公太

 

建造造船所:矢野造船株式会社

船主:和幸船舶株式会社

竣工:2024年末頃



最新記事

すべて表示

新造船建造にコンセプトシップ「SIM-SHIP」が採用

一般社団法人内航ミライ研究会(愛媛県今治市 代表理事 浦山秀大)が、2021年7月に弊会が主催した意見交換会「内航のミライ」にて発表したコンセプトシップ「SIM-SHIP」で提案した技術や製品を搭載した船舶の建造が決定し、技術開発および製品開発に弊会が参画いたしました。 弊会は、開発グループ・船員労務グループ・IoTグループ・プロジェクトグループの4つのグループが事業を遂行しています。主に船舶に遠

「スマートアシストシップ」にミライパネルを搭載

有限会社冨士汽船殿が本瓦造船株式会社殿で建造するスマートアシストシップの建造に於いて一般社団法人内航ミライ研究会が、情報収集共有・問題解決を主目的として参画致しました。 内航ミライ研究会は、船舶に遠隔操作・支援等の機器・システムを導入し自動化を促進する事業、船員・船主・メーカー・造船所等の労働環境の改善・働き方改革・生産性の向上を実現するための事業を行い、内航の未来に関連する研究・開発状況の共有・

Comments


bottom of page